上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日10月20日は、我が家の次男ポンちゃんのお迎え記念日です
2002年の今日、ポンちゃんとあけりんは出会ったのでした
大切な大切な記念日です。
ポンちゃんに早速プレゼントを渡しました

1q311.jpg
車の別荘のプレゼント、ポンちゃん気に入ってくれるかな?

1q312.jpg
ポンちゃん、気に入ってくれました

ポンちゃん、今度あけりんをその車でドライブに連れて行ってね

1q313.jpg
勿論弟の和志もチェック、チェック(笑)

1q314.jpg
学も気に入ってくれたようです

大きくなったら和志も学も免許取りに行こうね?!

ポンちゃんは、我が家の長男ジョーくんと同じファームで同じ日に生まれた子です。
そして同じに日本にやって来て、同じショップにいたのでした。

毎年誕生日とお迎え記念日に書いているので、似た内容になりますが、
どうしても書きたくなっちゃうので書くことにします。
お時間ある時お読みいただければと思います。

↓続き
2002年9月23日ジョーくんをお迎えし、そろそろ一ヶ月。

ぜひジョーくんに弟をお迎えしたいと考えるようになっていました。

初めてのフェレットさんとの生活は、毎日楽しくて楽しくてとても素敵な日々でした。

でもわんちゃんを飼っていたことはあるものの、フェレットさんは初めてのため、遊び方がどうもよくわからずにいたのです。

これでちゃんと遊べているのか、ジョーくんは私と遊んで楽しんでくれているのか、とても不安な時がありました。

それに私はひとり暮らし。
仕事に行っている間、ジョーくんはひとりでずっとお留守番です。

弟をお迎えすれば寂しくなくなるんじゃないかと考えるようになりました。

ジョーくんをお迎えしたフェレットワールドというショップに電話すると、ジョーくんと同じ日に日本に来た男の子がまだいるという話を聞きました。

さらに同じファームで同じ日に生まれたと聞き、私はもしかしたらその子は、ジョーくんの本当の兄弟かもしれないと思いました。

じっとしれいられず急いでその子に会いに行くと、まん丸顔の黒い子がいました。

丸顔の黒い男の子、それがポンちゃんだったのです。

私は実はポンちゃんと会う前から、もうポンちゃんをお迎えする事を決めていました。

店員さんに聞くと、ジョーくんとポンちゃんが本当の兄弟なのかははっきりわからないのだそうでした。

でもすでにその黒いお顔のその子に魂を奪われてしまっていた私にそんなことは関係ありません。

ポンちゃんと私はジョーくんの待つお家に帰りました。

店員さん達は、ポンちゃんのことを最後にギュッと抱きしめて、「よかったね、幸せになるんだよ」とポンちゃんに言ってくれました。

ポンちゃんはその時すでに生後7ヶ月、きっとずっとあけりんのことを待っていてくれたんだと思います。

そしてたくさん店員さん達に愛情こめて育ててもらったのだと感じました。

ポンちゃん、今幸せ?
たまにポンちゃんに問いかけます。

ポンちゃんがそんな私のほっぺをペロペロしてくれると、胸が熱くなります。

ジョーくんとポンちゃんはすぐに仲良くなり、遊ぶ時もご飯を食べるときも、寝る時も、いっつもふたりで一緒にするようになりました。

そんな姿を見ると、ポンちゃんをお迎えして本当によかったと心から思います。。

これからもいつまでもずっと一緒に楽しい時間を過ごしたいと願います。



長い文章、最後まで読んでくださってどうもありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト
2005年10月20日 11:26 | 日記 | コメント:12 | トラックバック:0 | Top↑

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://4ferret.blog8.fc2.com/tb.php/130-68a25378
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。